· 

創己祭レポート(前編)

創己祭無事に終了しました!

今回は創己祭レポート(前編)ということで主に1日目の模様についてレポートしていきます。

 

 はじめに、今年は台風19号の影響で富大祭が中止になってしまい、急遽創己祭に"幻の富大祭in高岡"として参加させていただくことになりました。高岡キャンパス学生会(創己祭実行委員会)の方々は短い間で様々な準備をしてくださり、感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。そして無事に終了お疲れさまでした。

 

さて、創己祭がどんなものだったのか振り返っていきましょう。

 

1日目

 富大祭運営委員会からは縁日、脱出ゲーム~Scatolaからの脱出~、ビンゴ大会~ますあけーろ~を出展しました。天気はあまり良くなく、中庭ステージは始まる段階で屋内での開催が決定しました。

 3キャンパスの学祭実行委員長による開会式・テープカット後、前庭ステージのトップバッターを務めたのはビンゴ大会~ますあけーろ~。雨が段々ときつくなる中、景品は任天堂SWITCH、コードレス掃除機、フライパン、洗剤詰め合わせなど大判振る舞い。ちなみにSWITCHが当たった方はこれで2つ目だったそうです(羨ましい~笑)。

 前庭ステージではその後学生会企画"よさフェス"がおこなわれました。富山と石川を中心に活動するよさこいチームが踊りを披露。迫力満点で大いに盛り上がりました。

 

 しかし、雨は弱まるどころかますます激しくなり、雷も鳴り出したため屋外企画は13:00前で一旦中断。本部も中に移動し、模擬店も営業を見合わせ。13:30になんとか雷雨は弱まり再び屋外企画も再開しました。

 幻の富大祭企画(屋内)の一つ、脱出ゲーム~Scatolaからの脱出~はこの日のみの開催。制限時間は15分で、与えられた謎を解き部屋からの脱出を試みるという企画でした。問題の難易度は初級、中級、上級の三種類。お子さんから大学生まで楽しんでいただけたかと思います。上級はかなり難しく、制限時間内解けなかった人も結構多かったのではないでしょうか?頭の体操になったかと思います。

 ちなみに事前に企画部の1年生を中心にみんなで問題を解かせてもらったことがあるのですが、制限時間ギリギリでした(笑)。

 

 

 もう一つの幻の富大祭企画(屋内)は縁日。縁日は19, 20日の両日開催。しかし物品の関係で射的だけの開催となりましたが、二日ともかなり賑わいました。景品でお菓子やバルーンアートが貰え、バルーンアートで作ってもらった帽子を被るちびっ子が会場内を歩いてる姿は微笑ましかったです。ちなみに委員会の企画宣伝マンもバルーンアートの帽子を被って会場内を歩いていたので見かけた方も多いのではないでしょうか?

 

 照明とDJで会場を沸かしたのは学生会企画~odori a kaso~。テーマであるMasquerade(仮面舞踏会)にのっとり仮装して踊りあかそうという企画。本来は中庭で開催予定だったものの、天候不良により屋内で開催となった。しかし、真っ暗にできるため照明が引き立ち、むしろ屋内で開催した方がよかったのではと思うほど(笑)。"明かそう"と"仮装"がかかっていると知ったときは思わず声を上げてしまいました(笑)

 創己祭1日目は17:00で終わり...ではなかったんです!入口で中夜祭が始まりました。中夜祭は朗読劇や音楽ライブなどがあり、素敵な雰囲気でした。最後まで参加したかったのですが、五福に帰る時間が来てしまい途中で離脱しました。来年は最後まで参加したいです。

 1日目のレポートはここまでです。また後日2日目の様子を公開します!